2005年12月18日 (日)

15歳で世界一か・・・

今日もフィギュアスケート見てみました。

浅田真央、優勝!!だよ。あのスルツカヤを破って世界の頂点に。

もう素直に感動しちゃいました☆15歳で世界の頂点!

ただ、年齢制限でトリノに行けない。Yahoo!ニュースより以下を引用。

<浅田真央>15歳初V トリノ出場資格なしに同情の声

2005年12月17日(土) 21時34分 毎日新聞

 実力は世界一でも、五輪には出場できない――。17日に東京・代々木第1体育館で行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで、優勝した浅田真央選手(15)=グランプリ東海クラブ=は、国際スケート連盟(ISU)の年齢制限規定に阻まれて、トリノ五輪の代表になることができない。屈託のない笑顔を見せる選手の周囲で、関係者やファンの間から同情の声が起きている。
 この日の試合前、オッタビオ・チンクアンタISU会長は会見を開き「年齢制限は総会で決めたもの。ルールはルール」と、出場を認めない意向を改めて示した。日本スケート連盟も具体的なアクションを起こす予定はない。
 これに対し、浅田選手の関係者は「日本スケート連盟からISUに、陳情もしてくれないのが残念。特例で出場できるかもしれないと言われた時期があったので、期待した分つらい」と嘆く。会場で観戦した東京都在住のモデル、堀内葉子さん(23)は「五輪に出てほしい。スポーツは時代によってルールが変わっていくもの。ここで特例を適用したら、競技がもっとパワーアップできると思うのに」と残念がり、同じく東京都の大学生、中川美沙子さん(21)は「ショックです。1位の人を五輪に出さないでどうするの」と不満を訴えた。
 それでも、競技後の浅田選手は天真らんまんの笑顔を振りまいた。五輪については「少し出たいという気持ちもあるけど、次のバンクーバー(五輪)に出られたらいい」のコメント。残念さも感じているようだが、気持ちはしっかりと前向きに切り替えていた。【野口美恵】

だって。本当に残念だね。日本スケート連盟も、陳情くらいしてあげてもいいんじゃないのかなって切に思います。せっかく若い人が頑張ってるんだし。

年齢制限のルールも総会で決めたくらいならいくらでも議決にかければ変更できるでしょ。なんとかこの問題いい方向に向かってほしいことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)